こちらのページでは当院の治療例をご紹介しております。

手術時の写真が含まれますのでご了承ください。

循環器疾患

犬の心臓病

高齢になると弁膜疾患(僧帽弁閉鎖不全症や三尖弁閉鎖不全症)が多くみられます。これは、心臓内の弁が変性することにより、血液の流れに逆流がみられる病気です。血液の逆流があっても、初期では症状は出ません。聴診で心雑音が聞こえて発見されることが多いです。症状は咳・息切れ・呼吸困難・失神など様々です。適切な治療をすることにより、心臓寿命を延ばすことは可能です。早期に発見して検査・治療することが大切です。高齢期(7才を過ぎたら)に入ったら心臓検診を受けましょう。


子犬では、症状がなくても聴診で先天性心疾患が見つかることがあります。

先天性疾患が疑われる場合、当院では積極的に獣医循環器認定医への紹介を行っております。

僧帽弁閉鎖不全症心の犬の心エコー写真
僧帽弁閉鎖不全症の犬の心エコー
正常犬の心臓のX線写真
正常犬の心臓
重度心疾患の犬のX線写真
重度心疾患の犬

猫の心臓病

様々なタイプの心筋症(心臓の筋肉の病気)があります。高齢猫に限らず、どんな年齢でも発症します。心筋症の怖いところは、末期になってから初めて急激に症状が出ること、急死してしまうことが多いことです。心筋症の症状が出る前に発見し、命を落とすことの多い血栓症などをできるだけ予防することが大切です。

心臓の検査
聴診、心臓エコー検査、胸部レントゲン検査、血液検査(各種心臓マーカーなど)、心電図検査、血圧測定など

神経疾患、関節疾患

てんかん

突然痙攣して意識不明に陥るような強い発作から、なんとなくボーっとしたり、身体や足の一部が震えるだけの弱い発作まで様々な症状でてんかんが疑われます。

犬に多い傾向がありますが、猫でも発生します。

脳に炎症や腫瘍など何らかの異常があって発生する症候性てんかんと、脳に明らかな異常がなくても発生する特発性てんかんに分けられます。

発作を初めて見かけたときは大変驚かれると思いますが、多くの場合5分以内におさまります。

副作用の少ない薬ができ、特発性のてんかんでは投薬治療によって寿命を全うすることができます。

椎間板ヘルニア

ダックスフントで多く発生する、脊骨の間のクッションである椎間板が変形して脊髄を圧迫することで発生する病気です。

頚部付近で発生すると強い痛みで動けなくなる症状が、腰部付近で発生すると後肢の麻痺や排便排尿障害がみられます。

かつては積極的に手術をして圧迫している椎間板を除去することが望ましいとされていましたが、近年では内科治療で手術を回避できることが増えてきています。

膝蓋骨脱臼

太ももから足先にかけての骨格や筋肉の発達のアンバランスによって起こる、膝周りの小さな骨がぐらぐら動いて膝関節が安定しない病気です。

骨同士がこすれて痛みが出ることもあれば、痛みが強くなくても膝が不安定な状態が続くことでやがて関節に炎症が起きたり膝周りの重要な靭帯がダメージを受けることがあります。そのため重度の場合は早めに手術によって膝の周りを安定させる必要があります。軽度であれば無症状のまま過ごすことができます。

泌尿生殖器疾患

子宮蓄膿症

子宮内に細菌が感染し、膿が溜まる病気です。卵巣から放出される黄体ホルモンが関係していると考えられています。発情後1~2カ月で発症することが多いです。

症状としては多飲多尿、嘔吐、元気・食欲の低下、発熱などです。陰部から膿が排出されて気づくこともありますが、膿が排出されない場合もあります。

敗血症や腹膜炎を続発して死に至ることもある怖い病気です。診断には血液検査・X線検査・超音波検査等が必要で、治療は子宮卵巣を摘出する外科手術となります。

子宮蓄膿症を予防するためには、避妊手術しかありません。

避妊手術に関しては予防医療のページをご覧ください。

猫の慢性腎臓病

高齢猫に多い病気の一つです。腎臓が何らかの原因によって障害され、徐々に腎機能が低下していく病気です。原因としては腫瘍や腎炎などもありますが、大きな病気が無くとも加齢に伴い腎機能が徐々に低下する事は避けられません。腎臓は予備能力が高いため、かなり進行するまで症状としては現れないことがほとんどです。その症状としては、元気がない、食欲低下、多飲多尿、嘔吐などです。特に多飲多尿は腎臓病だけでなく様々な病気のサインとなることが多く、認められるときには速やかに病院を受診しましょう。

一度障害されてしまった腎臓の組織が回復することはありません。治療は残された腎臓の正常な組織をできるだけ保護することが重要で、食事療法、投薬治療、脱水改善のための輸液などを実施します。腎臓病は早期発見がとても大切です。5〜6歳を過ぎたら定期的な健康診断を受けましょう。

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は乳腺にできる腫瘍で、犬では皮膚腫瘍に次いで二番目に多い腫瘍です。猫では犬の半分以下の発生率と言われています。ですが、犬では約半数が良性であるのに対し、猫では8割〜9割と高い確率で悪性です。犬猫共に乳腺のしこりとして発見されますが、単独で発生することも複数の乳腺に発生することもあります。良性のこともあれば、悪性と良性が混在していることもあり様々です。外観や、大きさだけでは良悪の判断はできません。小さいものでも発見されたら速やかに受診をすることが大切です。

治療としては基本的には腫瘍を摘出する外科手術です。その後必要に応じて投薬治療等が行われます。


犬や猫では避妊手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率が減少することが知られています。特に犬では生後6~8ヶ月齢の初回発情前に避妊手術をすると発生率がほぼ0に抑えられます。

当院では様々な病気の予防のために避妊手術をお勧めしています。